Ra.kiraki..

かわいいを探す日々

ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会 ソニーミュージック六本木ミュージアム 9/29 ※ネタバレあり

f:id:imochan54:20190930000923j:image

懐古芸待ったなしだった。胸熱。

というわけで、ひさしぶりに嵐の現場へおじゃましてきました〜!!

ギリギリまで行けるかわからなくて、諦めることも考えていたけど、いけた!わーいやった~!こんなステキ空間に行けなかったら涙で枕5個濡らす(少ない)

自分の日頃の行いの良さを褒め称えた1日でした!!

 

さ!例によりネタバレにならない程度に当日の流れをざっくりと記録。

まず、いつものように時間の計算できないマンは集合時間の40分くらい前に到着。今回は想定内。六本木という土地は東京の中でも1.2位を争う程の迷子ちゃんトラップなので。余裕で20分くらい彷徨ったけれど無事に到着できました。坂がきつい。

会場へ着くと、スタッフさんが1つ前の集合時間の人は会場内で、わたしの集合時間の人は入口前で整列お願いします〜と声かけをしていて、サムネの文字を写真に収める時は入口が入らないようにとってくださいと注意がありました。(入口はガラス張りで、巨大嵐が見えるからっぽい)もちろん守ろう。

外で待機して、集合20分前には中に入れてもらえたような気がします。

中でも列をなして待機。待機場の壁にはでっかいお嵐様がいます。近すぎてよくわからん。。。

1回に何人くらい入ったんだろう?100人とか?そんなにめちゃくちゃ多い!という印象はなく観覧するギリの人数という感じだったなあ。

待機中に「入場に必要なものの準備をお願いします」というアナウンスがあり、集合時間10分前くらいから入場本人確認が始まりました。どうでもいいけど、黄色の会員証持ってる人すくないね、、

いつものデジチケのピッ!とやる機械をかざしてたと思うんだけど、スタッフさんはいつも以上にそれと会員証・身分証(免許証を出したよ!)をじっくり見てた印象を受けました。

わたしを担当してくれた方は機械と会員証を照らし合わせて、その次に免許証とじっくり照らし合わせて最後に顔写真と生身の人間を目だけ動かして二度見して見比べていた。お恥ずかしい…任務全うありがとうございます!結構厳しめに見てるな〜と感じました。

検閲をクリアしたらグッズのパンフレットと購入券(グッズは購入券を渡さないと買えないからなくしたらだめだよ)をもらって仕切られたとなりのお部屋へ移動。

ゲートを1歩くぐった瞬間から携帯使用禁止!!とすべてのスタッフさんに口をすっぱく言われるので。秒でバッグにしまおう。携帯使用禁止は会場出るまで延々と言われ続けます。

グッズのパンフレット見ながら待ってたら、入場時間よりも10分くらい早く開場がはじまりました。同じグループ内でもまた少人数に分かれての入場でした。

中に入ったら最初と最後は完全入れ替え制だけど、あとは自分がすきなように回っていい、という感じです。時間制限もないし気まぐれに進んだり戻ったりした。逆走していたのはわたしだけだったようにも今となってはおもう。😂

携帯と飲食の取り締まり以外は結構自由にさせてくれます!メモも取って良さそうだったからいっぱいメモってきたよ〜〜!今回はそれを元にブログ書きます!!!

じっくり見て、グッズを買ってフォトブースでお写真を撮って(パノラマ前で一緒に写真撮りたい場合はスタッフさんが撮ってくれる。嵐のみで1枚と3ポーズ撮ってくれるみたい。わたしは一緒に撮らないでよかったから嵐単体だけをお願いして撮ってもらったんだけど、確認したら3枚撮ってくれていたよ)2時間くらい経ってたかな。こういう展示系の場所だと4時間以上平気でいちゃうからもっとかかると予想してたんだけど、2時間でも充分堪能できました。

 

あ!そうだ!グッズ買ったらショップ袋に入れてくれまっせ!!!!

どうだかな〜と考えた末、いつものノリでグッズ入れるバッグ持ってったわ!!!!!いりません!!飼いならされすぎてしまっている〜〜😂😂

 

ざっとこんな感じでした〜〜伝わるかあ?

てなわけで、ここから先は予備知識なしのオンナによるミミズ文字メモ帳とにらめっこしながら主観丸出しの超ネタバレ備忘録日記となりますので、どうかお気をつけて……

 

 

 

 

 

中の準備が整ったらカーテンを開けてくれていざ入場です。

どんな世界が待ってるのかとワクワクしながら入場。カーテンの向こう側に待っていたのはハワイに行く嵐家の皆さま。アクスタってやつのお写真でしたよ!入口に近いほうから智くん、にのちゃん、相葉ちゃん、翔くん、潤くんの順番でいた。入って早々さとじいに笑かされた(笑)絶妙な表情ナイスすぎ(笑)みんな役どころぴったりだった〜

注意事項として「壁!壁は絶対触らないで!!」といわれる。何回も。絶対触ってほしくない感は伝わった。もちろん言うことには従いました。

そこでちょっとした待機だったんだけどそこは暗闇で木が生えてたりハワイに行こうとする嵐御一行様と反対の壁は森林で小鳥のさえずりがしてて、いや、なんか思ってたんと違う…なにこの空間…と異空間に戸惑うしちょこっと幸先の不安を感じるタイムでした…すき。

 

しばらくしてスタッフさんの案内で次に進む。そこではこれから先のブースの説明を受けてまた待機。右手には急に岩。ディ◯ニーを参考にしたな?

そこのブースには

5人で歩んだ20年間を

みんなで旅してみたいと思いました。

晴れた日だけじゃなかった20年

でも振り返ればそれは絶景です。

ARASHI EXHIBITION JOURNEY

僕らの旅を、いつだって最高のものにしてくれるみんなに

ありがとうの気持ちを込めて。

     嵐

という看板が立っていました。はぁ…胸熱…

いいことも悪いことも全部ひっくるめて絶景って言えちゃう嵐すごすぎる。

 

扉が開いて次のブースへ。

基本的にはすべての展示ブースは繋がっていて、先の展示物も見えちゃう感じになってました。ここにだけは出入り口に扉がありました。

 

■4面スクリーンゾーン

サムネの文字と同じ文字が扉から見て正面に映し出されていて、はじめは声のみで嵐を感じて、しばらくしたら5人がスクリーンに登場。どこから見ていてもみんなと目が合う!すごい!っていう感想がめちゃめちゃ残ってるw

20年を振り返ろうみたいなので、デビューからのお写真が壁中にバーッと流れてきてたまに床も通っていくお写真。。。あっちもこっちも嵐嵐嵐‥空間を埋め尽くす嵐すごい。。目が足りなさすぎる。。

相葉ちゃんとかが「ねえ見て!!」とかキャッキャします(言い方)どこ見ても嵐だから、みて!の声の先がどこなのかわからん…てなったりする。

懐古芸を爆発させていると、急にワープが始まって屋外に切り替わるよ(5×20の撮影現場?とか言っていたな?)

そしたらなんとドアップの翔くんにのちゃん潤くんにおののく。。美の暴力がそこにはあった。いきなりなにびっくりするから言っといてよ…

扉入って正面に翔くん、左側ににのちゃん、翔くんの向かい側に潤くんだった

潤くんは肩ひじ立てて寝るスタイルでこっち見てくるから…まつ毛長すぎ……

こっちが見てるはずなのに、観察されてる感がありました、、これが小人の気持ち…わたしはアリエッティってなってた。(?)

天然がいないな~いないな~って見てたら遠くの方で仲良くキャッチボールをだな、している。海!お外!で楽しくなっちゃったね(笑)おいで~始まってるよ~!って言われて駆け出す天然、スライディングするあいばちゃん(千葉の海でテンション爆アゲのご様子)、砂が飛び散る現場、目に入る3人という図が展開されていました。急にやってくる鬼畜のテンネンホホエマシーに歓喜した(心の中で)

智くんは船を運転してきた!とかなんとか言っていて、船どこに停めてあんの?の追及に知り合いが乗ってったとふにゃふにゃしながら言っていた。クルーザーだそうです!

そんな感じの緩さで映像は終わっていき、次は楽屋の風景を見せるよ!的な話で見送られるんだけど、あいばちゃんがしれっと「子猫ちゃん」といった。

わたしは金髪チャラ元気王子に言われ慣れてるから、「ハイハイこねこちゃんはいってきまーす!」と何の違和感も持たずサラっと通り過ぎようとしたんだけど、同じブースにいたマダムたちが、「ね~~!わたしたち子猫ちゃんだって><♡」と萌えキュンしていて、そっか、これはレア!!!!!って気づけたからマダムたちありがとう

 

■バックステージ定点観測

扉を出ると正面の壁一面に楽屋にいる嵐のお写真!圧巻・・・!

5×10~5×20までの10年間の素の表情嵐を一気に堪能できます。一番上が5×10で下に行くほど最新のお写真仕様。左側に行くほど本番に近い時間なのかなと思われるお写真が並んでいました。衣装に着替えてエレベーターに乗った写真になっていて、キリッとしていてかっこいいんだ。楽屋の嵐はかっこいいよりどちらかというとかわいいが勝つ

10年分を一気に見ると老けたり若返ったりを繰り返して5×20がいちばんべびちゃんみたいな感じだった・・・!このおじちゃんたちの時空どうなってんだろ、、、

わたしのみみずメモに「鍛えてるか、ストレッチしてるか、ケーキ食べてるか、歯磨きしてる」と書いてあるくらい楽屋の嵐は よく食べ、よく鍛え、よく歯みがきをしていた・・・!笑  

歯みがきに至ってはイニシャルの書かれた歯ブラシケースまでご丁寧に載せてくれて( ◜◡◝ )

食べ物食べてるお写真は11枚あったっぽい。スイーツ部の部活中の笑顔がまぶしすぎてたまんなかったです…♡

 

■旅する衣装

ま〜〜なんとも華やかなお部屋!!!キラキラな衣装が7種類35着むき出しで飾ってありました!これら↓!

f:id:imochan54:20191001154518j:plain
f:id:imochan54:20191001155659j:plain
f:id:imochan54:20191001154425j:plain
f:id:imochan54:20191001155708j:plain
f:id:imochan54:20191001154726j:plain
f:id:imochan54:20191001154707j:plain

あと一つは、わたしただいま首をやっていているのでw首負傷により見上げるのが困難でなんなのかわかんなかった~…5×20のやつ???

ブース入って、左側手前下段に5×10のスワロフスキー衣装、その上段によくわからなかった衣装、スワロフスキーの横にJaponism、右側手前下段にスケスケ衣装、上段にpopcorn、スケスケ横にハワイ衣装、正面上段に5×10の衣装でした。

5×10の衣装の下はガラス張りみたいにしてあったから、下からのぞけるシステム。首負傷中なのが悔やまれる…(泣)

全体的にタイトな感じでどれもシュっとしてる。し、着用感がまるでなかった。ほつれとか全然ないし、靴もきれいなままだし、これ本当に着たやつ?ってずっと疑問でしかなかったなー。唯一着用感を感じたのが5×10の衣装だったな~ズボンの裾が少しだけこすれた感あった。コンサートでちゃんと着用してるものだとしたら、相当丁寧に着てるやん。すごすぎ!っていうのがわたしの感想でございました。自分がコンサート行けてないときの衣装が多くて思い入れがないってのもあるだろうけど、特に新しい発見とか面白みというのは感じなかったな~見たまんま・イメージ通りのお衣装でした、、、

ただ5×10のお衣装の柄をもう少し近くでみたかったなーそんな柄なんだ?って思うような柄だった!

 

ピカンチ

 衣装のブースとは打って変わって、壁に額が飾ってあるスタイル。モノクロの世界でした。額縁の中にはピカンチ時代のモノクロ嵐がいました。嵐というよりはハルくんチュウシュンタクマボンだね。確か嵐04150515のお写真で。ちょうだいすきなやつ。翔くんとかとがりまくってて死ぬほどかっこいいもんね。

智くん(いや、ハルくん)めっちゃふにゃふにゃ~♡おじいちゃんみたい♡ってにこにこ見てたら、正面の壁の写真上に、岡本健一さんの「嵐との記憶」っていうメッセージがかいてあるんだけど、智くんへのコメントにおじいちゃんって書いてあった。認識の一致(笑)

どちらかといえば売れてなかった頃の嵐との記憶が大きいからこのブースでの懐古芸が止まらないし、お写真見て一人懐かしんでいた。。

 

岡本健一さんのメッセージ最後に書かれていた

彼らの巻き起こす嵐に巻き込まれるのは

心地良い。

がとても印象的でした。わかる。

 

■路地裏ギャラリー

入口入ってすぐのところに嵐が描いたミッキーさんがAMNOSの順に飾ってあって、先に進むと2011年 2/3 朝日新聞朝刊で出された鉄コン筋クリートハチクロ花男バーテンダー、怪物くんとメンバーコラボのイラストが飾ってある。

それから2015年のフリースタイルⅡの時にメンバーに書いてもらった大野智肖像画。これの下に同じように模写?した智くんが書いてあったんだけど、また書いたのかな?そうだとしたら、潤くんの絵のタッチがピカソになってた。

ていうか、グッズの詳細出たときからずっと嵐が描いたミッキーさんが死ぬほどかわいくなくて、現物見れば愛着も沸くかも!と思ってたから、飾ってあるのまじまじと見たのに全然かわいさを見いだせなくてがっかりしてる~~!!wディズニーとコラボすごいことなのに。。。(泣)ミッキーさんよく許した…寛大…でも、しかってほしかった…(笑)

けどね!よーくみたらあいばちゃんのミッキーさん鉛筆かなんかで下書きしてる!気づいたとき愛しさが爆発した。だから他の人も下書きしてるかな~って見たけど、みんなぶっつけ本番でわらった。そりゃ、絵の説明書きのところ『本展覧会のために、メンバー5人がそれぞれの個性を発揮して、ミッキーマウスを描きました』ってなる。どれも個性が強すぎる。個性出し過ぎて自分描いちゃった人いるもんな。あれは潤くん。

 

■20th ANNIVERSARY JOURNEY

ピンク色の壁のブースで、3分30秒の映像が音なしで流れてました。

お花・グリーンがたくさん使ってあって、ヒエラルキー上位の人たちがやるようなオシャレな結婚式みたいな感じの映像だった。ARASHIって書いてあるアートカードの撮影風景的なのもあって、ま~~~智くんのジャンプ力の高さに驚く。よく飛ぶ。すごい。

色々装飾されてる4段のケーキ可愛かったな。それをサングラスかけて囲む嵐はもっとかわいい。

この映像の印象としては、きのことジュン、いちごとニノ、ティーカップ翔です。

 

■旅で手にした宝物

壁に沿って写真の入った額縁がずらっと飾ってあったり、ガラス張りの中に写真が並んでたり、お写真が沢山でした!主に映像のと同じ時に撮ったであろうお写真がずらっと!額の中の写真5人分微妙に動画になってるのなんなのかわいいね…

翔くんがはまっているピースの仕方がまじでかわいいんじゃ…

壁後半戦(?)にはデビューからのかな、のお写真もたくさん飾ってあって、また懐古した。今の写真より昔の写真の方が思い出す景色がいっぱいありすぎる。

壁最後には5人で作ったスノードームとか、箱根で作ったお皿(2019.3.6って書いてあった)、プリクラ、サイン色紙などが飾ってある。

スノードームは首が痛いってのもあるけど、飾る位置が高すぎて何も見えんかったので、潤くんそこは改善ポイントですよ!見れてたの背高いお兄さんくらいだったからねぉこ~!

 

■家族旅行 in Hawaii

アクスタってやつのハワイに着いたバージョンのやつが飾ってあったよ~~~ん!

 

■5×20歌詞

暗い部屋。夜空っぽさを感じた。

まじですまん案件なんだけど、この曲をチェックしていない…から普通に詩として読みました。知ってる歌詞のワードがちりばめられていて当たり前にグッときた。ちゃんと聞いてみよう~

文字がところどころレジンで固めたかのようになっていて(表現の限界)キラキラしてた、ような気がする。

 

 

OHNO ROOM

メンバーそれぞれのブースには展示テーマがあって、智くんは『”アート”と”ダンス”』でした。

飾るものがなかったのかな?と思わずにいられない感じではあったんだけど(笑)ひねり出したもの(知らんけど)が、個人的にはすごくお宝に見えました。(じたんが故の贔屓目ともいう)

壁左側にフリスタⅡのときに使っていた?筆とパレット、自分の左手を書いたアクリル板がありました。なんか色が塗られた紙もあった。左手は2つ書いてあって、ひとつは失敗した模様。筆は円柱みたいなみたことない形のもの(ギャルがチークブラシかと思ったぁ~!って言ってた。なるほど納得だったw)大小色々で15本展示してあって、パレットもいろんな色を沢山出して使ってありました。黄色の印象が強い。

右側の壁には大阪限定で展示した智くんの自画像がドーンと飾ってあってね、フリスタ行けなかったから智くんが描いた絵を生でみたのが初めてだったんです。しかもそれが自画像ってなわけで鳥肌が立ったの覚えています。顔の右半分は白い絵の具で描かれていて、左側はいろんな色を使ってあったなあ。目がすごく印象的で脳内に焼き付いて離れない。次いつ見れるかわからないから10分位ずっとそこにいて心のシャッターは切りまくった。見れてうれしかったなあ。

正面の壁には一人振付を考えてる映像が流れてて、足さばきが見事で惚れ惚れしながらこれも5周分くらい見た。

すごくシンプルなお部屋なんだけど、すごい空間でここにずーっといたかった

 

SAKURAI ROOM

『”言葉”と”それが生まれる空間”』

自宅リビングを再現したというそれは、スノードームが32個、紅白の盾的な何か、ARASHIWEEKのポスターみたいなの、最後の約束の写真、嵐がラッピングされたJALの飛行機のレプリカ、グラミー賞のチケット、GQ JAPANの盾的なやつ、ぶっきー隆太くんとのお写真などなど…文字にすると全然おしゃれじゃないんですけど、実物は超おしゃれなお部屋なんですよ、、これを再現してくれることによって、現在翔くんの実際のお部屋はガラガラなんだとか…ありがとうございます!

あと、香りが感じられるらしかったんだけど、鼻が詰まってんのか、香りは一切感じませんでした!残念!

テレビも置いてあって、そこではラップを制作している翔くんが映し出されてる。その正面の壁には、ピンスポが当たって、翔くん手書きのラップ詞が出てた。途中書き直しで修正とか入っちゃっておしゃれ~てみてた~

 

AIBA ROOM

『20年のたからもの』

山様の展示雰囲気から一変、急にポップな絵や矢印引っ張って展示物の紹介してくる感じがあいばちゃんだ~って思いました(笑)

そんなかわいらしい展示方法なんだけど、5周年の時に作ったTシャツとか、僕とシッポと神楽坂のスタッフT、相葉マナブの帽子、智くんに作ってもらったデニム、ラブラブ愛してるのフィギュアとか、、

絆のペダルの台本(宮澤崇史さんのサイン入り)も展示してあって、ボロッボロなの。ドッグイヤーもたくさんしてあってこの夏にかけたものが感じ取れました

まあレアなものを惜しみなく飾ってくれていてあいばちゃんの底抜けのやさしさが詰まりまくったブースでした。

小さい頃のあいばちゃんのお写真も飾ってあって、超かわいかったー!誘拐されなくてよかったよほんとに。。

 

NINOMIYA ROOM

『”映画”と”ゲーム”』

俳優業に長けてるにのちゃんらしく、これまでもらったトロフィーが壁にディスプレイされていました。お部屋の説明のところに、「打ち合わせの時トロフィーを撫でていただく提案をしたんだけど、お地蔵さんじゃないんだから!(笑)」って書いてあってTHE二宮和也を感じた(笑)時間都合でも1つ触れるようにしてくれていました。みんなに触ってもらった方がトロフィーも嬉しいってよ!そういうところがな~すきだ~

母と暮せばで取った日本アカデミー賞最優秀主演男優賞のトロフィーを触らせてもらえるという贅沢この上ないお楽しみを準備してくれてありがとうございます!

トロフィーの横にはスタッフさんがベタ付きでいて、触らせてもらうときと戻すときにそのスタッフさんに触りま~す返しま~すってペコペコしたの面白かったな。にのちゃんのモノなのに。トロフィーは小ぶりながらめちゃくちゃ重かった。この重さが賞の重さなんだろうなすごいな。すごいすごいとは思ってたけど、改めてにのちゃんのすごさを手から感じた。これからも素敵なお芝居みせてください

てか全くゲーム要素を感じなかったんだけどなにがゲームだったんだろ??壁??わからなかった……。

 

MATSUMOTO ROOM

『嵐のライブにおける演出の一片』

ライブの気づきや改善点、セットリストが書いてあるリクエストメモっていうメモの展示がされていました。

右手の壁には直筆のメモ、左の壁はこのメモが一面に拡大されてあるの、それもたくさん。お洒落な壁紙みたい

メモの内容としては、映像の時間が遅いとか、Jrのなんちゃらが汚いとかいろいろ。細かいところまでよく見てるんだなって感じました。

ジャポニズムのメモなのかな?入ってないからセトリとか全然ピンとこないんだけど、潤くんの頭の中を見せてもらった気になっている。アンコールで楽器やる?って書いてあるのには !?ってなった(笑)それ見たい!(笑)

正面にはコンサート演出してる潤くんの映像が流れてた。上の方から見てる姿とかメンバー・スタッフさんを集めて話したりしてました。超仕事人の目。

うっかり泣きそうになってしまった。ぐっとこらえたけど。俯瞰から物事をとらえてる姿にめっぽう弱いらしい~いつも素敵な演出をありがとうね。

 

■ARASHI SPECIAL EDITION

3分位の映像をみたんだけど、ぐっと来てしまってなにも覚えてないんですけど、、、オーケストラVerのARASHIが流れてたような記憶だけある。ただ、あったかい気持ちになったよ。。。

 

 

SPECIAL EDITIONが最後の展示で、そこを抜けるところの壁に

・智くん(左上):大好き♡(ハートの上には3本のちょんちょん付き)(伝わらない)

・にのちゃん(左下):帰るまでがEXHIBITIONだよ〜

・翔くん(真ん中):we've all traveled together all this way with love

・相葉ちゃん(右上):嵐最高

・潤くん(右下):いつもありがとう。これからもよろしく。

手書きでメッセージ・サイン付きがあってその文字で展覧会を送り出されました。

最後の最後まで嵐の想いが詰め込まれていてうれしかったです。

 

展示室を抜けた先にグッズ売り場があって、たくさんのグッズを手にとって買うことができます。

結構広いお部屋で、グッズを自分で手に取って買えるの超新鮮だったなー!

現金かカードを選べるし、さくさく買えたよ~

 

最後にフォトブースでお写真を撮れる。携帯を出せるのはあくまでフォトブースのお部屋に入ってから。並んでるときは出さないで!って注意されます><

入ったらジオラマと文字のところを自分で撮れます!注意点として、写真には他人を写さないようにすること。SNOWとかのアプリを使わないこと。徹底してるなあと思った~

スタッフさんにお写真撮ってもらって嵐の旅は無事に終わりました。

出るころには懐古懐古で嵐の歴史を感じて懐かしくなったのと、嵐とだけじゃなくて、嵐を通して出会った人たち・嵐のおかげでできた想い出が頭の中に次々に思い出されて胸いっぱいな気持ちであふれかえっていました。嵐の歴史はまるごとわたしの歴史でもあったなあ。嵐がつないでくれたご縁をこれからも大切にしようと改めて思い返せた時間でした。

 

嵐のみなさん、とってもすてきな企画をありがとうございました♡うれし たのしかったー♡

 

f:id:imochan54:20191015130527j:image