読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ra.kiraki..

かわいいを探す日々

グレート・ネイチャー 東京グローブ座 9/15 19:30公演感想雑記ざっくりネタバレ

f:id:imochan54:20150916114306j:image

2015.9/15
まずは、嵐結成16周年、NEWS結成12周年おめでとうございます。
またいちねん、嵐とNEWS、両グループのますますのご活躍に胸踊らせながら、一緒にたくさんの想い出と夢を積み重ねていけたらうれしいです。新しい1ページの幕開けたのしみにしています。

そんなハレの日に、小山さんの主演舞台である『グレートネイチャー』を観劇してきました。チケットを申し込みするとき、「初日と千秋楽はきっと多いから〜外して〜あとはどこでもいっか〜〜」くらいの軽い気持ちで、特に何も考えずに複数公演申し込んだ中にこの日も含まれていて、当落出てから「うわ…15日結成日じゃん(ゾッ)」状態だったんですが、他の公演はあえなく撃沈の中、なぜかこの日が取れた、と。よくできました名義!!とにかく取れて一安心でした。(そういえば、慶ちゃんバースデーの時もその後のドームオーラスもこの名義が仕事してくれたなぁ。いい子!)

月木every.効果なのか、年始で泣き倒したおかげなのかなんなのか…とにかく激しい戦い…略して激戦でした。そして当日券も現段階で、毎日驚くほどの行列。倍率。満員御礼にもほどがあります。数年前とは状況が全然ちがうぞ!慶ちゃんすごいぞ大人気!これが日々の努力の賜物だ!をまざまざと見せつけられた瞬間でした。遠い人になるのは少しさみしいけれど、なんだかうれしかったです。

舞台を観るにあたって、特別予備知識を入れようともせず、ツイッターで流れてきた記事を「へえ〜」といった具合でサラリと読み流し、KちゃんNEWS(だったっけ?こんな風です)で本人がいった「舞台はコメディ」の言葉だけをもっていざグローブ座へ。
始まって数分で、『ちょっと待て、腹筋と表情筋が休むヒマないぞ……!?』常に筋肉が刺激されている状態。演者さんもだけど、観客にとってもなかなかのハイカロリーな舞台でした。終わった後のぐったり感はジムで2時間トレーニングした時と同じでした。(ジムには通ったことはおろか、足を踏み入れたことすらありません へへへ)
休演日前の公演だし、初日から毎公演こんなにハイカロリーな舞台やってたら、さすがに疲れた顔しているんじゃ…なんて思ってたけど全然そんなことなくて、むしろキラキラ輝いてたのが印象的でした。爽やかさ倍増慶ちゃんでした。

 

 
まず、この舞台はレポには向かないな、と思いました。
メインと10年後を行ったり来たりで時間軸が変化していくスタイルで、ストーリー性があるわけでもなかったから(わたしが感じ取れなかっただけかも)フレンドみたいに戯曲を覚え書きとして綴るのも難しい。即興で笑点のような大喜利が続く中に、メッセージが込められている、みたいな感じでした。
本当にどこが台本で、どこがアドリブなのか さっっっぱりわからなかったです。
マックスがハンガーを折っちゃうシーンもハプニングだと思ったら、後で記念館に出てくるし、(痰が絡んだのはアドリブであることを願う)ここまでわからないと、回転ステージが止まらないことすらも演出かと思ってしまうくらいには台本かアドリブかわからないのです。(半回転でいいはずの回転が止まらず、サラリと一周していき、そしてまさかの1周と1/4のところで停止(笑)ふたつのセットが同時に見れる環境に(笑)下で回すおじちゃんもアドリブしてくる(笑))
こういうハプニング的なアドリブを見れてラッキーでした。(真田先生もラッキーデーです言ってた)
 
とりあえず自分が思い出すためにもざっくりと舞台の流れやキーワードを箇条書きで記しておきたいと思います。(思い出した順だから、時系列めちゃくちゃだったりします)
 
・ステージにはバス停と長椅子、中央に一本の柱的なもの
・農家さん風な出で立ちのおじさん(麦わら帽子とくわを持っている)の語りで始まる。舞台に強風の映像が映り、小道具をうまく使って本当に飛ばされてるかのようなお芝居で、もうこの時点で引き込まれている自分がいました。
・上からバスの形をしたモニター(?)が降りてくる(そのモニターにはバスが映し出されてる)
・そこから出てくる篠崎先生(小山さん)
(スーツに黒い肩掛けバッグ姿。普通にエブリ終わりの小山さん!って感じでした。ある意味、すごく自然体)
・紙を見ながらSON(school of natureの略)を探してる
・牛の出で立ちで現れる長谷川先生(この時はまだ牛の設定だろう…)
・牛「ブリブリブリ…ざっざっ(フンを蹴ちらす仕草)」×複数回
・いきなりのクレヨンしんちゃん的展開に戸惑うわたし(ガチ)と篠崎先生(演技)
・フンを避けながら絡みに行く篠崎先生
・急にフリーズする牛
・牛に「牛の気持ちになって自然に触れ」という真田先生
・触っても「不自然に触ってる」と言われ続ける篠崎先生
・真田先生が触ったらすぐ動きだす牛
・愛想笑いだかなんだかとりあえず不自然な行動したとかなんとかまくし立てる真田・長谷川ペア
バミリを見つけて「シゲ…シゲ…?…志茂田景樹…」
・シゲワードにちょっと笑顔な慶ちゃん(どんだけ……!)
・バッグはAmazonにて780円で購入。
・中身はまず一つ目にヘアスプレー、(メーカーは?!と聞かれ、「ギャ、ギャツビー…」と、か細い声で言っていましたw)、二つ目は「ワ、ワックス…」
慶ちゃんってば、グッズの時もそうだけど、部位縛りがおおいよ…!
この公演にシゲ来てたら、「まぁたヘアセット!頭まわりばっか!頭まわりばっかり!!」って絶対言ってる。(white@広島2日目MC参照)
・お泊まりセットの中身がヘアセット用品ばっかりで「それは次の日使うもんだろ!」て言われてた。ナイスツッコミ。
・バッグ取り上げられて中身取り出される。バッグの中から赤いバッグが出てくる。急いでてバッグを入れたそう。(笑)その中からゲキ落ちくんぽいでかいスポンジ「身体洗う 1(右半身).2(左半身).3(両足)で洗える」とツッコミ
・うるさいから「黙って!」な篠崎先生
・「じゃあ黙りまーす」長椅子に足組んですわる真田・長谷川ペア
・3人中2人が黙る舞台
・その横でSONを探しているアピールしだす篠崎先生
・その姿がカワイイ!
・クリスペプラーの真似させられる篠崎先生
・似てるって言われて調子にのる
・「携帯電話の電源を切ってない人は今すぐ握りつぶしてください」
・篠崎先生の携帯が鳴る 出る 取られる にぎり潰される
・篠崎先生のことを山田山って言い続けて黒板に慶ちゃんの顔書き出す(いつかを思い出す外ハネ髪型…)
・なんでかこの状態になる小山さん(画像参照)
f:id:imochan54:20150917222903j:image
・慶ちゃんの慶ちゃんをおててで隠す
 
・SONの部分
「心斎橋オブネイチャー」
「スッピンオブ西野カナ(真田先生か長谷川先生発言)」
「新潟!」「長崎!」「大阪のー難波!」
・スイートオブ西野カナ(慶ちゃん発言)→それはスルー(なぜならNの所で発言。時間は進んでいるから却下)
・ここがSONでしたー!
・マックス探します。真田・長谷川先生ステージ(裏山)降りて3列目までのお客さんをいじりだす
・「カワイイ!」「カワイイ!」
・真田「一人飛ばしてカワイイ!」
・なんでひとり飛ばすんだよ!?
・篠崎「可愛すぎるからじゃないんですか…!?」バーン
お客さんに絡んだあと、手合わせエア「ごめんね」してはけていった小山さん(素)世界中のオンナの「抱いて!」かっさらったね。あれは。
・突然のOP映像。熱血小山さんは本当に修造さん意識してた
 
・マックス見つける(問題児「たち」のはずなのに生徒1人)
・どうぞどうぞ合戦「あと15分はやりたかった」
・真田・長谷川先生はマジックミラーから見る
・「マックスか?」「マックスではない」
・「マックスだろ」「ベイマックスだ」
・照明落ちる
・なにやってもいいんだぞきっす!きっす!
・照明ついたらなぜか裸の長谷川先生
・川がある!と泳ぎだす真田先生・長谷川先生
・川はあるんだ!と腹をくくって篠崎先生も泳ぐ「クロールからのバタフラーイ」「バタフラー…イ」
・長谷川先生、突然の象やりだす。ついでに篠崎先生も
・りんご取りたい
・マックス助走からジャンプ下手くそ
・「重いのか?」「重いです」「なんだと!?」「重いはNGワードでーす」
・修造のように全力応援
・でも取れない
・最終手段、篠崎先生四つん這いでりんご取らせようとする 失敗
・マックスのせて「ま〜さかり担〜いで金太郎〜」
・夜になるの早い
・お腹すいたから食べたい 食べ物はない さあ作物育てよう
・柿ピーのうた歌わせられる篠崎先生
・柿ピー植える(床に並べる) 収穫は来年です☆
・だから植えた柿ピー食べました(真田・長谷川コンビ)
・床に置いた柿ピー拾い集めて裏にお片づけ小山さん
・マックス、エアクサリ振り回して暴れる
・マックスのほっぺ叩くフリの篠崎先生
・おしりプリプリからのダンス合戦
・マックス足が逆「ちゃんとやって〜」
・振付がやればやるほど増える。この辺はアイドル小山慶一郎の本領発揮といったところでしょうか
 
・セット回転で10年後のSON跡地?喫茶店になる
・ハットにトレンチコート・サングラス姿の篠崎先生
・喫茶店のセットで小山さんタバコ吸う(むせてる…!)
・席のほとんどが永久欠番
・マジシャンの箱の中には発酵したパン
・その椅子は壊れるって言われたのに座って壊すおじちゃん
・10年経ったマックスは金髪パーマのド派手ネエチャーン!そして歌う
・借りた本を返せなかったからまた読んでしまう的なことを唱和
 
・なにもないSONに戻ったら、地球の味とかいって床チュッチュしてる真田・長谷川コンビ
・「マックスも飲んでみろよ〜カルピスの味がするよ〜カルピスグレープだぞ〜オリジナルもあるぞ〜」
・純粋なマックス、チュッチュする
・ばーかっていう二人
・裏からハンガーもってきて3人を叩き出すマックス
・マックス「江戸の敵は長崎で討つ!」???
・背中叩かれていたそうな慶ちゃん
(ハンガーで叩かれて痛そうだったから、せめて叩かれた場所が疲れに効くツボでありますように。(モンペ))
・ハンガー折れる
・とんでもないことしてくれたと真田・長谷川コンビに責め立てられる
・本当に泣いてるかと思いきや、痰が絡んで声が出ないマックス
・真田「痰が絡んでしね!!」おやめなさい
・謝れって言われて、「しまった…」っていうマックスまじかわいかった
・それをまあまあまあ…と先生方をなだめて、マックスのことフォローする篠崎先生の爆モテっぷり
 
・セット変わってSON記念館?になる
・柿ピー味のアイスクリーム(トッピングにも柿ピー)食べさせられる篠崎先生
・「か、柿ピー味ですね」
・サインを息子の分と2枚欲しい
・色紙一枚は汚れてる?もう一枚は文字書いてある…だから裏面の黄色い部分に書かされる
・バスの模型動かしてみる篠崎先生
・それを止めて歌い出す館長。いい声。
・突然現れた館長の息子と館長が揉め出す
 
・またセットが回転(セット止まらない事件はこの時だったかな?)
・あれー?止まりませんね
・慶ちゃん完全素に戻って笑っちゃう「ぼくも行ってみよう〜」回転するステージに飛び乗って奥に消えていこうとする自由さ
・真田先生に止められるからやめて、笑いながら待機
・そのまま回転する長谷川先生(黒板書き続ける)と驚いた顔の前セットにいた演者さんたち
・止まったと思ったら両方のセットが見える状態↓こんな感じ(※汚いのはご愛嬌)
f:id:imochan54:20150919104652j:image
・その柱前でどうなってるの!?ってわーわー!やってる慶ちゃん(くそかわいい)(くそかわいい)(大事なことなので2度いいました)(くそかわいい)
・ラッキーデーですね今日の公演は
・回転で時間結構かかったのに、段取り通りにブーツ履かずに出てくるマックスに「何、段取りどおりに出てくんだよ!履く時間あっただろ!」キレる真田先生。笑う小山さん
・気を取り直して授業(?)やりますよ、黒板になんで書いてある?
f:id:imochan54:20150919113324j:image
※黒板再現です
f:id:imochan54:20150919113408j:image
・チョークで書きながら「まず、音符ですね」「NEWSありますね」「これはあみだくじですね、(線なぞりながら)こうこうこうこう手越!(嬉しそうな顔して)」チョークバーン!(タイミングあってるかなぞ)(砕け散る)
黒板に投げつけられて木っ端みじんに砕け散ったチョークが小山さんのストレスの塊の代わりになっていて、投げた瞬間からストレスフリーになってますように。(モンペ)
・篠崎先生も黒板に書く。その文字NEWS
・篠崎先生、真田先生に小声で「NEWS」
・真田「まんまだな」
・そのあとぐちゃぐちゃの線書いてた
・篠崎「やーやーやーやーやーー!!」
・チョーク飛ばしてなんかしてる篠崎先生をよそに、片付けそびれた柿ピー見つけて拾い食いする長谷川先生
・突然のDMM.COM
 
・応援の仕方がパーリラパリラ パーリラ 「ヨイショ!」わたしは「フッフゥ↑」派だから違和感
 
・真田先生余命短い
・生きる・死ぬとはどういうこと?と急に重い問題を突き付けてくるマックス
・真田先生急に弱る
・洋楽がすきと自己紹介するナース土田(1年目?)が担当する(洋楽好きといいながら最近アツイ?のはEXILE)
・真田先生弱り果ててきて輸血しなければ
・検査もせずマックスでいいと土田
・マックスと真田先生を直接チューブでつなぐ
・チューブ絡まってるから一生懸命ほどく篠崎先生
・見事輸血できるも、逆流
・余命時間数え続ける長谷川先生
・カオス
・カオス
・カオス
 
・篠崎先生体育教師ホイッスル吹く
 
・急にステージ真ん中で正座して黙り込む篠崎先生
・季節は進み、柱だと思ったところに桜が咲く
・真田先生生きてる
・篠崎先生が喋り出したかとおもうと真田先生死す
・真田先生がしんだこの瞬間からここが中心・真田先生よりあっちを東〜的なことを熱く語る
・死ぬことで始まる・意味が生まれる的なことを多分言いたい
・マックスの卒業式でマックスとやさぐれた仲間?が大暴れ
・モノを壊すてきな動き
・でも、SONは青空学校だから壊すものがない
・またホイッスル吹いて(吹いた?)熱く語り出す篠崎先生
 
・真田先生以外の登場人物集合
・バスがやってくる
・どうやら真田先生は生きてたらしい
・真田先生はバスに乗り遅れて6扉くらいから入ってくる
・問題児っぽい人たち(上半身裸とか、唇ムラサキとか、昔のヤンキーみたいな人たち。多分次の生徒だろう…)がステージにゾロソロでてきて、篠崎先生はまたSONの先生をする
・グレートティーチャー篠崎!っていわれてた
 
 
ざっくりとこんな舞台でした(伝わらない)
最初と最後に強いメッセージが込められていて、「生きるとは」「自由とは」「自然とは」という結構重ためな問題を明るくキャッチーに問いかけた舞台だと感じました。
なんとなく理解はできたつもりではいるけれど、1時間…1日…2日……と時間が経ち考えれば考えるほど、深みにハマると言いますか…なかなか難しいテーマだなと感じています。(考えるな、感じろと伝えられてる気もしたけど、やっぱり考えちゃいます)(もしかしたら、なにも理解できてないのかもしれない)
 
 
演じてるというよりは、「篠崎先生」という設定付きの小山さんといった印象を受けました。見たことのある小山さん、見たことのない小山さん、そんなこともできちゃうんだ!?の小山さん…篠崎先生を通していろんな小山さんを垣間見ることができました。
さらに、日々原稿を読んでいるから滑舌もよく聞き取りやすかったです!
 
そして、こういった難しいテーマを取り扱いつつ、且つ、テンポのいい掛け合い、しかもアドリブが多い大喜利的な作品は頭の回転がよくないとできないものだと思うし、改めて小山さんの対応力の高さと頭の良さを感じました。
小山さんはどんどん次のステージに進んでいる。わたしもがんばらなくては。
 
この舞台をやりきった後には、きっと、もっと、てごしげますの無茶ぶりに完全対応できるようになりそうだなぁ なんて。
公演中も、カーテンコールで話す小山さんも(内容は「今日はよく回りましたね(笑)はけた人たちの困った顔をしていて。あれから笑うのをこらえるのに必死でした。なにが起きるかわかりませんね(笑)この独特な世界観の中で、自然に生きるとはどういうことか、感じてもらえればと思います」みたいな感じでした)深々とお辞儀をして舞台袖に消えていく小山さんもずっと爽やかで、にこやかで「演じる」を全力で楽しんでいて輝いていました。本当にいい笑顔でした!かっこいいかわいい!
だから、てごちゃんはとりあえず、とりあえずサッカーボールを2時間ほど手放して観にいってちょうだい!絶対大口開けてわらうから!
舞台おわったあとに、あーでもないこーでもないわいわいしてるNEWSを見れるとうれしいです。
 
エブリで一仕事した後、さらにはこの期間、ほぼノープライベートですごく大変だろうけど、健康にだけは本当に十分気をつけて、真田先生・長谷川先生をはじめ、カンパニーのみなさんに最後まで追い込んでもらえればとおもいます。
慶ちゃん、がんばってね。
 
 
 
 
……ちなみに、カーテンコールで毎回変化がある舞台なので、お時間があればまたいらしてくださいって言われたから、19日マチネ当日券に挑戦したのに、あと一人のところでさようならでした…そんな気はしてた〜(さくらガール)
 
当日券で検索していらっしゃる方が多いみたいなので流れを簡単に追記…
わたしは当日券抽選集合時間の40分前に到着したのかな?(時間配分ミスでかなり早めにつきましたw)その時点で前には20組くらいいたように感じます。
待っている最中に抽選〜購入までの説明があり、マチネ回のため11:45頃から何枚購入するかを係の方に伝え、枚数を書いた紙をもらいます。この時 列はどんどん伸びて100人以上いたんじゃないかなぁと。
そのあと早く並んだ方から抽選していきます。早く並んだからといって、いい番号が引けるわけではなく、あくまで早く引けますよ〜といった感じ。この回ではギリギリに来た子が1番引いてたみたいだし、何があるかわからないのが当日券みたいな…
この回では80番までの番号札を引いた人が残され、それ以降の人は引いた瞬間に帰されるシステムでした。
そのあと番号順に並び替えて、1番から順に購入。このドキドキったらハンパない…
わたしの10人くらい前で当日券で買える席が終わったらしく、会議しだすスタッフさん。
改めて人数を数え、さらに番号70番くらい以降は帰される。
まだわたしは列の中にいてドキドキ…
これから先は関係者席で用意してあった分を解放といった感じで、関係者さんが来なければ買えるようでした。
関係者さんこないで…と祈る列の人たち(笑)
木原さん・中島芽生アナ・あと知らない方2人がやってきてチケットを購入されていました。エブリチームだ!ってうれしい反面複雑な当日券組(笑)
おかげでわたしはあと一歩のところで買えませんでしたチャンチャン
こちらが、購入ブースにあと一歩で買えなかった番号札でございます!
f:id:imochan54:20150926091925j:image
買えなかったけど、まあ、いい体験でした。
 
あー今回もまとまならかった〜〜